お祭りレポート

【秋田県大仙市】「大曲の花火」に参加!創造花火とワイドスターマインが圧巻!

夏といえば、「花火」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

今まで数々の地域で開催される花火大会に行ってきた私ですが、今年の夏こそ【日本最高クラスの花火が見たい!】という思いがあり、念願叶って、秋田県の「全国花火競技大会・大曲の花火」に新幹線で行ってきました。

「全国花火競技大会・大曲の花火」は「長岡まつり大花火大会」「土浦全国花火競技大会」と並び、【日本三大花火大会】と呼ばれるだけあって、これまで見た花火大会の中で、間違いなく最高の花火大会でした!

今回は、2018年8月25日に開催された大曲の花火のレポート(体験談)をお届けします。

秋田県について

秋田県の総人口はおよそ98万人。比較的人口の少ない県ではありますが、たくさんの文化や名産物で有名です。

なまはげやきりたんぽ、そして【日本三大花火大会】の一つである「大曲の花火」。中でも「大曲の花火」は、全国の花火師にとって憧れの舞台となっており、当日は秋田県の総人口に近い人が全国各地から大仙市に集まって来るほど人気の大会です。

全国花火競技大会「大曲の花火」について

■名称:全国花火競技大会「大曲の花火」
■場所:秋田県大仙市
■開催日:2018年8月25日(土)
■最寄り:JR大曲駅から徒歩30分

「大曲の花火」は普通の花火大会とは違い、花火師たちの競技大会です。全国の花火師が自分達の魂のこもった花火を様々な部門で競い合います。最も点数の高かった花火師には、花火界最高峰の賞「内閣総理大臣賞」が授与されます。

また、大会提供花火もあり、その中でも視界一面に広がる「ワイドスターマイン」は圧巻です。見所満載の約三時間、目も離せないほど素晴らしい、最高の花火大会なのです。

祭りの見どころ

全国花火競技大会「大曲の花火」は花火師達による競技花火「昼花火の部」「10号玉の部(尺玉の単発打ち)」「創造花火の部(音楽シンクロスターマイン)」の3部門と大会提供花火の「スターマイン」「ワイドスターマイン」があります。

今回はその中でも私が特に感動した「創造花火の部」と「ワイドスターマイン」について、魅力を詳しくお伝えしたいと思います。

花火師たちの魂のこもった「創造花火」

競技花火の中で、夜の部メインイベントである「創造花火の部」。1つ1つにテーマがあり、音楽に合わせて色とりどりの花火が打ち上がります。テーマとマッチした光と音のコラボレーションは見る人全てに感動を与えていました。

「創造花火の部」は花火師それぞれの味がよく伝わってきて、大曲ならではの部ではないかと思います。打ち上げ時間としては大会の中でも一番長い部門となっており、この部を毎年楽しみにしている人も多いと思います。

大会提供の「ワイドスターマイン」は圧巻!

大曲には花火師たちの作品に加え、大会のスタッフが1年をかけて手がける大会提供花火があります。オープニングと中盤の「スターマイン」そしてクライマックスの「ワイドスターマイン」です。

クライマックスを飾るにふさわしい「ワイドスターマイン」は、大量の花火が広範囲へ一斉に打ち上がり、空一面が光で覆われます。声が出せないほどの感動を体験し、これを見れるだけでも「秋田まできて良かった~」と思える内容でした。

また、今年は夏の甲子園で大活躍をした、秋田県の金足農業高校を祝う花火も打ち上げられましたよ。

まとめ

「大曲の花火」は間違いなく日本が誇る最高の競技花火大会です!

全国の花火師たちと大会スタッフによる贅沢な光のおもてなしを是非皆さんに味わってもらいたいです。すごい人の数と秋田県という西日本の私からは遠い地域ではありましたが、本当に行って良かったと思いました。次も絶対に見に行きたいです!

花火のほかにも秋田県の名物やおばあちゃんの作るババヘラアイスも会場で売られてますので、記念に是非食べてみてください。

秋田県大仙市移住情報

“秋田暮らし”はじめの一歩(秋田県)
大仙市ホームページ
秋田県の市町村別「移住・定住ポータルサイト」まとめ

ABOUT ME
地方創祭
地方創祭
地方創祭は【地方創生×祭り】を掛け合わせた造語。「祭りで地域を盛り上げる」をコンセプトに、地域に住む人々のリアルをレポート(体験談)形式で伝えていきます。