移住情報

秋田県の市町村別「移住・定住ポータルサイト」まとめ

東京を除く各道府県ごとの「移住・定住ポータルサイト」まとめは見かけるのですが、各道府県内の市区町村別まとめは無かったので、徐々にまとめていきます。第1弾は管理人の出身地・秋田県です。

秋田県の移住・定住サイト

“秋田暮らし”はじめの一歩
http://www.a-iju.jp/

  1. 仕事 : 県内企業から面接オファーが届く、面接に要する交通費の助成が受けられるといったサポート制度「Aターン」あり。他、求人情報サイトへのリンク、起業相談、新規就農相談窓口の案内など。
  2. 住まい :古民家バンク、公営住宅情報、空き家バンク情報から家を探せる。
  3. 暮らし :移住者インタビューが動画で見られる「秋田暮らしMovie」、インタビュー記事。「秋田を知る」ページでは”高質な田舎”を人、子育て、自慢、自然、食、温泉、祭り、伝統品でPRしている。
  4. その他 : 県内企業の求人票を見て移住・就業体験ができる「くらし×しごと体験プログラム」が特徴的。
    移住定住登録で個別サポートが受けられる。東京・有楽町に「あきたで暮らそう!Aターンサポートセンター」

    引用元:
    働きがいと暮らしやすさを比較する41道県「移住定住ポータルサイト」まとめ

秋田県内で移住・定住専用サイトがある市町

鹿角市

鹿角暮らし
https://kazuno-gurashi.jp/

由利本庄市

由利本庄で暮らそう。
http://yurihonjo-teiju.jp/

にかほ市

にかほーむ
https://www.nikahome.jp/

藤里町

ふじさとのいきかた
http://f-redesign.jp/ikikata/

五城目町

五城目移住宣言 Gojome Living
http://gojome.net/

美郷町

みさとくらし応援ネット
http://www.misato-koyou.jp/

公式の市町村サイトにて移住・定住を募集

秋田市

ちょうどいいから、住みやすい
https://www.city.akita.lg.jp/iju-teiju/index.html

大館市

移住・交流特設サイト おおだて暮らし
http://www.city.odate.akita.jp/iju-kouryu/

仙北市

仙北市定住応援情報 えぐきてけだんし
http://www.city.semboku.akita.jp/egukite/

能代市

移住・定住ページ
http://www.city.noshiro.akita.jp/c.html?seq=11013

横手市

定住促進ページ
https://www.city.yokote.lg.jp/sub04/cat7061.html

男鹿市

定住支援ページ
http://www.city.oga.akita.jp/index.cfm/13,0,87,html

湯沢市

移住・定住ページ
http://www.city-yuzawa.jp/ijuteiju/

潟上市

定住・移住施策ページ
http://www.city.katagami.lg.jp/index.cfm/13,17510,95,html

大仙市

移住・定住ページ
http://www.city.daisen.akita.jp/docs/daisenlife/2017051000024/

北秋田市

移住・定住ページ
http://www.city.kitaakita.akita.jp/shisei/teiju/

坂町

移住ページ
http://www.town.kosaka.akita.jp/ijyuuwo/

八峰町

移住・定住ページ
http://www.town.happou.akita.jp/docs/2015091500450/

羽後町

定住ページ
https://www.town.ugo.lg.jp/life/index.html?category_id=69

上小阿仁村

移住・定住ページ
https://www.vill.kamikoani.akita.jp/forms/info/info.aspx?info_id=8126

移住・定住ページなし

三種町・八郎潟町・井川町・大潟村・東成瀬村

まとめ

秋田県全体の市町村数:25
移住・定住専用サイトがある市町村:6
公式の市町村サイトにて移住・定住を募集:14
移住・定住ページなし:5

情報は随時更新していきます。移住検討の際、お役に立てれば幸いです。

ABOUT ME
地方創祭
地方創祭
地方創祭は【地方創生×祭り】を掛け合わせた造語。「祭りで地域を盛り上げる」をコンセプトに、地域に住む人々のリアルをレポート(体験談)形式で伝えていきます。