お祭りレポート

【神奈川県横須賀市】初開催の大津おりょうさん公園盆踊りに参加してきました!

2018年8月11日に開催された大津おりょうさん公園盆踊りのレポート(体験談)をお届けします。

神奈川県横須賀市大津町について

神奈川県横須賀市大津町は、かつて坂本龍馬の奥様(おりょうさん)が住んでいた町で有名です。年に数回、おりょうさん関連のイベントが開催されています。

大津おりょうさん公園盆踊りについて

■名称:大津おりょうさん公園盆踊り
■場所:神奈川県横須賀市大津町「大津おりょうさん公園」内
■開催日:2018年8月11日(土)
■最寄り:京浜急行浦賀線「京急大津駅」より徒歩1~2分程度

大津おりょうさん公園は、京浜急行浦賀線「京急大津駅」から徒歩1~2分の場所にあります。改札を出て踏み切りを渡った場所にあり、公園からは走る電車を間近で見る事が出来ます。比較的小さな公園ですが、催し物があると、横須賀市議員の小泉進次郎さんが訪れることもありますよ。

「大津おりょうさん公園盆踊り」は大津町1・2・3丁目合同のお祭りとして、今年、第1回目が開催されました。以前は盆踊りではなく、模擬店のみの夏祭りでしたが、今年は合同で盆踊りメインの夏祭りとなっています。

地域の人々や子供達はもちろん、帰省中などで遠方から訪れている人々もいて、とても賑やかに行われましたよ。

祭りの見どころ

駅から近い


前述しましたが、大津おりょうさん公園は最寄駅からとても近い場所にあります。改札を出ると右手に踏み切りがあり、その踏み切りを渡ってすぐの場所なので、初めて訪れる人にもかなり分かりやすいです。

駅を降りると提灯の灯りが見え、盆踊りの音楽が聞こえてきました。沢山の人が集まっているのも見えましたよ。夏の夜は日が長いので、ちょうど盆踊りが始まるくらいの時間は夕焼けがとても綺麗でしたね。駅と公園を繋ぐ道も夏らしい空気が漂っていました。


大津おりょうさん公園の入り口を抜けると、人だかりの中に提灯のあかりが灯されていました。これぞまさに「夏」って感じがしてワクワクしますね。

格安の模擬店あり!


お祭りは盆踊りがメインですが、ちょっとしたお菓子と飲み物も販売されていました。カルピスやコーラ等のジュース、お茶、缶ビール(発泡酒)がどれも100円とお安いです。地域のお祭りならではの価格となっており、町内会の方々が店番をしていましたよ。

ジュースやお茶を買うとお菓子1点、ビール(発泡酒)を買うとおつまみ1点がオマケで貰えました!

私は子連れで行ったのですが、初対面でも皆さんが気さくに話し掛けてくれたり、子供達にはうちわを無料で配っていたりと、とてもアットホームで温かい空気感でした。

盆踊り

メインの盆踊りでは、ベテランの人たちがお手本となって輪になっていました。その輪を囲むように小さな子供からご年配の方までたくさんの人が踊っていましたよ。夏祭りらしく、浴衣や甚平を着ている人も多く見受けられました。

盆踊りの曲目は、子どもが喜ぶ「血液ガタガタ」や、全国でも有名な「東京音頭」など、振り付けも簡単なものがほとんどでした。盆踊りのお手本となる人がマイクを通して振り付けを丁寧に教えてくれたので、盆踊りが初めての人でも真似するうちに覚えられました。参加した人たちはみんな、踊りやすかったと思います。笑顔で踊り合っていて、和気あいあいとした雰囲気でしたよ。

また、盆踊りの合間には小休憩を挟んでおり、休憩中には子供達にガリガリ君などのアイスが無料で配られ、とても喜んでいました。

遊具は危険なので使用禁止

大津おりょうさん公園内には滑り台、ブランコなどの固定遊具や砂場もありました。ただ、この盆踊り中は暗いため、遊具は使えないようになっていました。

まとめ

盆踊りは初開催でしたが、住んでいる地域の人も遠方から訪れる人も、老若男女みんなが一丸となって楽しめる夏祭りでした。綺麗な夕焼けの中、提灯の灯りと盆踊りの音楽、浴衣や甚平の涼しげな姿。その中で楽しく盆踊りを踊る事ができ、夏の素敵な思い出がひとつ増えましたね!

お近くにお越しの際は、是非一度お立ち寄り下さい!

神奈川県横須賀市移住情報

神奈川県移住・定住支援ページ
横須賀市ホームページ
Yokosuka Reconstruction Plan

ABOUT ME
地方創祭
地方創祭
地方創祭は【地方創生×祭り】を掛け合わせた造語。「祭りで地域を盛り上げる」をコンセプトに、地域に住む人々のリアルをレポート(体験談)形式で伝えていきます。