お祭りレポート

【東京都】「麻布十番納涼まつり」に参加!約250店舗ある屋台がイチオシ!

残暑の残る2018年8月25日(土)・26日(日)に東京都港区麻布十番で行われた「麻布十番 納涼まつり」に行ってきました。毎年参加しているお祭りです。2018年のお祭りレポート(体験談)をお届けします。

東京都港区麻布十番について

港区麻布というと高級住宅地が多くてセレブなイメージですが、麻布十番は下町の雰囲気がある親しみやすい商店街のある街です。昔ながらの銭湯や焼き鳥屋があり、大使館が多いため外国人もよく見かけます。最寄駅は麻布十番駅で、東京メトロの南北線(駅番号:N04)と、都営地下鉄の大江戸線(駅番号:E22)が乗り入れています。

麻布十番 納涼まつりについて

■名称:麻布十番 納涼まつり
■場所:東京都港区麻布十番(麻布十番駅すぐの商店街一帯)
■開催日:2018年8月25日(土)・26日(日)
■開催時間:各日15時〜21時
・ステージ10-BANG:パティオ十番広場
・お囃子:十番稲荷神社の祭囃子屋台/16時30分~20時
・ふれあい子供広場:網代公園

「麻布十番 納涼まつり」は麻布十番の商店街で行われるお祭りで、今年で52回目となります。このお祭りの特徴は、地元の商店街の店舗が出店しているというところです。また、「おらがくに自慢」として北海道から九州にかけて50以上の市町村が参加していて、自慢の味や品々も並びます。駅から歩くお祭りも多い中、駅から出るとすぐにお祭りに入れるのも便利です。

お祭りへは電車かバスの利用をおすすめします。近隣には麻布十番公共駐車場がありますが、大変混雑しますし、交通規制のある通りは14時から21時30分まで車両通行止めになります。また、電車を利用する場合、地下鉄の7番口からは地上に出られません。4番口は混雑状況により閉鎖される場合がありますのでご注意ください。

祭りの見どころ

地元有名店の味が屋台で気軽に購入できる

ミシュラン掲載のフランス料理店や中華料理店、他にもイタリア料理店やスイーツを楽しめるお店など200店舗以上並びます。有名店の屋台は毎年行列ができます。気になる屋台には15時スタートのときに訪れるのがおすすめ!

「おらがくに自慢」には約50店舗が並び、焼きあわび、焼きうに、焼きホタテ、焼きもろこし、牛串、ふぐのから揚げ、まぐろのテールステーキなどがあります。19時ごろになると売り切れている屋台もありましたよ!

イベントも大盛り上がり

パティオ十番広場の「ステージ10-BANG」では、色々なジャンルの演者さんたちで盛り上がるパワフルなステージが2日間、常に開催されています。

十番稲荷神社では、お囃子も行われます。2日間、16時~20時の間に子供たちの演奏や獅子舞などが披露されています。

網代公園は「ふれあい子供広場」になっていて、ヨーヨーつり、スーパーボールすくい、綿あめなど子供が楽しめるエリアになっています。このエリアはチケット制になっていて、先に網代通り側にあるチケット売り場で1枚300円のチケットを購入する必要があります。

まとめ

毎年参加しているお祭りですが、年々来場者が増えているように感じます。

なんといっても屋台が美味しいのが魅力。シャンパンが売っている屋台や子供広場など、大人も子供も楽しめるお祭りになっています。屋台が出ていますが、店舗もオープンしているので、外が暑すぎる場合はレストランに入ることもできます。

1日につき約15万人が来場する人気のお祭りですが、地域に根ざした親しみやすさもあるお祭りでしたね。

ABOUT ME
地方創祭
地方創祭
地方創祭は【地方創生×祭り】を掛け合わせた造語。「祭りで地域を盛り上げる」をコンセプトに、地域に住む人々のリアルをレポート(体験談)形式で伝えていきます。